« 杉谷源次・附・男色の弁・2 | トップページ | 絵の会 »

2008年7月24日 (木)

俳句大会準備・他

7月25日(木)

俳句大会準備

つばさ俳句会は8月に、夏季俳句大会を行います。すでに投句はすんでいますが、俳句原稿、投句用紙の印刷発送などをしました。

今回は現代俳句協会賞や角川俳句賞を受賞された原雅子先生の講演もあります。原先生はじめ、「犀」代表桑原三郎先生、「つばさ」代表今坂隆二先生とのパーティも用意されています。

8月17日10時より狭山市社会福祉会館で開催します。気が向いたかたはご参加下さい。

ボラグループ定例会

我々のようなグループでボランティアをしようという人は少なくなっている。昨日のK福祉会の交流会でも話題になったが、今日もその話題が出た。

ボランティアをする人が少なくなっている訳ではないと私は思う。むしろ今の若い人は、学生時代からボランティアに馴染んでいる人も多い。我々のように、仕事をやめてから、と言うのではない。ただし、漠然と「ボランティア募集」などと言っても、人が集まらなくなっているのは事実である。

若い人は、自分が主体になってやるボランティアなら得意なようだ。しかし、おしめたたみを手伝ってくれなどと言われても、人は寄ってこない。

社協に属するどのボランティアグループも、高齢化が進んでいる。我々は歳をとるだけである。若い人の力が必要なのだが、どうやってそれを確保するか、施設にとったも、我々のようなグループにとっても、課題である。

高齢化したグループは自然に活動力が失われるわけで、代わりに新しいグループが生まれ、バトンタッチしていけるというのであればいいのだが、どうも、そう上手くは運ばない。歌や踊りを見せてくれるグループは多いが、そのために利用者の車椅子を押して会場につれてくる、そんな土台になるようなボランティアが不足している。

|

« 杉谷源次・附・男色の弁・2 | トップページ | 絵の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/22521174

この記事へのトラックバック一覧です: 俳句大会準備・他:

« 杉谷源次・附・男色の弁・2 | トップページ | 絵の会 »