« S祭り | トップページ | 塩田平九郎怪異をみる 1 »

2008年7月29日 (火)

会津駒ヶ岳

7月27日・28日

会津駒ヶ岳に登ってきました。

同行7名。7名では少し贅沢なマイクロバス利用。

27日

檜枝岐温泉の民宿泊まり。どうやら、料理自慢の民宿のようでした。夕食には、食べきれないほどの料理が並べられました。中でも多かったのはイワナ。イワナの塩焼き、イワナの刺身などがあり、朝食にはイワナの甘露煮が出ました。Photo

民宿に入る前に、ミニ尾瀬公園に寄りました。尾瀬の高山植物を見られるということでしたが、入場してすぐに雨が降り出し、慌てて帰る始末でした。高山植物ではないけれど、アジサイが美しいと思いました。

宿に着いてからは、激しい雨に足止めされて、公衆浴場には行けませんでした。

28日

6時、朝食。すぐ出発。昨日の雨は夜中に止み、快晴とは言えないが、まあまあの天気。マイクロバスで、登山口まで送ってもらう。

コース

会津駒ヶ岳登山口~水場~駒の小屋~中門岳~駒ヶ岳山頂~水場~登山口

先導はHさん。

登山口からいきなり急登。先が長いので、ゆっくり登る。小刻みに休みながら進む。水戸からきたという10名くらいのグループとあとになったり先になったりしながら登る。

水場を過ぎると傾斜はいくらか緩くなり、駒の小屋の少し手前から木道が始まる。そして駒の小屋。

この辺りから池塘が始まるのですが、ガスがかかり始めて、残念ながらすかっとした風景にはなりません。

Photo_2この写真を撮ったときは、まだ条件Photo_3 の良い方です。  

ガスはだんだん深くなり、近づいてくる人の姿などは幻想的に浮かんでくきます。その反 面、花の表情はピリッとしませPhoto_6 ん。写真は、ワタスゲ とチングルマ。Photo_5

駒の小屋から、先に中門岳に行き、駒ヶ岳山頂は帰路に登りました。

中門岳と会津駒の間にはまだ雪渓が残っていて、木道が雪に隠れているところが2ヶ所ほどありました。

のんびりしたペースで、落伍者なく、全員が登れたので良かった。惜しむらくは天気。まあ、雨が降らなかったのだから、贅沢は言えませんが・・・。

|

« S祭り | トップページ | 塩田平九郎怪異をみる 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/22630003

この記事へのトラックバック一覧です: 会津駒ヶ岳:

« S祭り | トップページ | 塩田平九郎怪異をみる 1 »