« 掃部新五郎遁世捨身・2 | トップページ | 毛虫祟りをなす »

2008年7月19日 (土)

うなぎ

7月19日(土)

核兵器(ぼんくら日記)

   蟻地獄核兵器こそ腐れ縁   ぼんくらカエル

などという句を出す。戦争や核兵器に関する歌や俳句は腐るほどあるから、私の力では、新味など出せない。だから、破れかぶれで正面から書いてみた。たまには、「戦争だけはもういやだ」とか、真っ正面から言ってみたくなる。ろくな句ではないと思うが、3点くらい入った。

蟻地獄と腐れ縁が付き過ぎとの評があった。私も、書いたときからそう思った。だけど、違う表現は出来ないな。

いつも思う。人類にとって核兵器は不要である。しかし、国単位で考えるとき、戦争の抑止力として必要だ、などという。何を言ってるんだろうね。人類に害しかない物を持って、他国を脅している。強もてをしているわけだ。ヤーさんと同じですね。

ウナギ(ぼんくら日記2)

私はウナギが好きである。しかし蒲焼きなどはめったに食えない。二月に一度くらい、スーパーでもっとも安いウナギを買う。もちろん中国産だ。

そのウナギだって、1ッ匹を1食で食べたりはしない。買ってきたウナギの蒲焼きを1口大に切り、小さな鍋に入れ、ひたひたに水を加える。そこにたれも入れてウナギを煮る。湧いてきたら溶き卵を入れて火を止める。これをどんぶりにかけて食べる。親子どんぶりの要領ですね。最低でも、ウナギ1ッ匹で2食分は作る。この作り方、なかなかおいしいよ。食べるとき、パセリを細かく切って、パラパラと懸けたりするのが好きだ。

こんな食べ方でも、私はなんだか贅沢をしたような気分になる。今日は贅沢をしました。

ウナギと言えば、近ごろ偽装事件がありました。私は日本産なんて買ったことがないから、私には関係ないけどね。

漁業関係者が、石油の高騰で採算が取れず困っている。消費者が安いものばかり買うのがいけないなどという人がある。私だって買えるものなら、高いのを買いたいよ。でも、そんなことをしていたら、すぐに破産だ。

好景気が続いたと政府やマスコミは言うけれど、大企業だけ儲かって、サラリーマンの手取りは減っているのだ。ワーキングプアだって増えている。庶民を貧しくして、何の景気だ。安物しか買えない人が大勢いることを忘れなさんな。

|

« 掃部新五郎遁世捨身・2 | トップページ | 毛虫祟りをなす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/22412284

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎ:

« 掃部新五郎遁世捨身・2 | トップページ | 毛虫祟りをなす »