« 今川氏眞没落・3 | トップページ | 今川氏眞没落・4 »

2008年7月10日 (木)

野球について・2

7月10日(木)

定例会、など(ぼんくら日記)

ボラグループ、定例会。

午後、老人介護施設Kに行く予定だったが、出かける時間になって、自転車がないことに気づく。

いつも書くのだが、ボケがまわって来たのか、近ごろは捜し物をすることが多い。

最近無くしたものはデジカメで、これは出てこないようだ。その他の物も、良く探し回る。、家の中にあればいいが、どこかに忘れてくる、落とす、などというケースもある。

さて自転車だが、どうしても思い出せない。探したり考えたりしている内に、とても間に合わない時間になった。今日は、私以外に3人の予定があった。私がいなくても、まあ支障はないでしょう。やむを得ず、休むと電話する。

その後やっと思い出したのが、先日、マルエツに自転車で買い物に行き、帰りは歩いて帰ってきたということ。やれやれ。

野球について・2(ぼんくら日記)

昨日は、60年前の田舎の子どもたちの野球がどんなものだったか、というような話しでした。

今日はプロ野球チームジャイアンツについて。

私たちがグローブも使わずに野球をやっていた頃、プロ野球が復活した。NHKしかなかったラジオの放送を聞きながら、大下の青バット、川上の赤バットなどに胸を躍らせたのである。

年寄りにしか分からないから、少し解説をすれば、強打者として人気を二分していた、大下選手はバットを青く塗り、川上選手は赤く塗っていた。

私はその頃からのジャイアンツファンなのである。プロ野球の放送は、ほとんどジャイアンツの絡む試合だったような気がするが、実際はどうだったのか覚えていない。何にしても、私のまわりはジャイアンツファンばかりだった。

しかしジャイァンツというのは、無茶なことをしましたね。その最たるものは、江川問題でしょう。野球協約の条文の勝手な解釈で江川を取り、小林投手を阪神に放出した。このとき私の気持ちはかなり揺れたけれど、何とかジャイアンツファンにとどまった。

その後も、金の力で他チームの主力選手をかき集め、何かすっきりしない気持ちを持ち続けた。それでもジャイアンツファンを続けていたのだから、初恋の人をいつまでも思い続けるようなものだ。

東京ドームが出来たとき、ジャイアンツは外野手の松本選手を首にしちゃった。あれもショックだった。足が速くて、良く出塁し、ジャイアンツに尽くした選手だ。東京ドームで野球をしたいといっていたのに、首にした。彼は上層部の批判でもしたのだろうか。何か不自然な気がした。

私がジャイアンツファンをやめたのは、駒田選手がジャイアンツを去ったときである。彼はジャイアンツを愛していたが、自らの意志でジャイアンツを去った。このままジャイアンツにいても、自分にとって良いことはないと判断したようだ。

全くそうなのだ。ジャイアンツは、生え抜きの選手を大切にせず、あちこちのスター選手をかき集めてくる。そのため、ほかのチームにいれば伸びたであろう選手も、ジャイアンツに入ったために伸び損なう。飼い殺しだ。

駒田選手がジャイアンツをでたのは、それまでジャイアンツがしてきたことに比べれば、小さな問題である。しかし、ジャイアンツに対する不満がゴム風船のようにふくれあがって、破裂寸前まで成っていたときに、それを針で突かれたようなものだ。

野球が急につまらなくなって、野球ファンをやめてしまったが、たまたまテレビなどで、ジャイアンツが負けているところを見ると、ザマーミロ、と思う。

     

|

« 今川氏眞没落・3 | トップページ | 今川氏眞没落・4 »

コメント

 デジカメ紛失、ショックですね。購入されまだ日浅いのに。
自転車は、マルエツにありましたか?
私も、数回マルエツ前から歩いてきて、後日取りに行ったりしてました。
最近、確かに私も、恥ずかしくて誰にも言わず、探し物を
してます。昨日も友人と風呂屋に行き、ロッカーの鍵と~
自分の腕にはめてました。確認・確認と自分に言い聞かせてます。日曜日の山・ココスから乗せていただきます。
よろしくね。

投稿: 五十路 | 2008年7月11日 (金) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/22205953

この記事へのトラックバック一覧です: 野球について・2:

« 今川氏眞没落・3 | トップページ | 今川氏眞没落・4 »