« 孫が来る  Nさんの詩集 | トップページ | 本を買いに »

2008年5月 4日 (日)

立夏  アウトレット三井

5月4日

立夏

明日は端午の節句。立夏。暦の上では、今日が春の最後の日。

暦の上では明日から夏。近ごろは地球温暖化で、夏と言われれば、そんな気もしてくる。

ちなみに、今年は8月7日が立秋である。俳句ではこの日から秋と言うことになる。幾ら何でも無理だよね。盛夏、炎天、酷暑、といいたい時期ではないですか。

俳句では、季節などもわずかな変化を敏感に感じて、それを詠むんだってさ。私の感覚では、この頃は9月の半ばまで夏だ。夜の秋という季語があって、夏の終わりごろの朝晩涼しくなってきた頃を指す。8月中旬や下旬は、せいぜい夜の秋と言うところだ。残暑なんて言う言葉では詠めません。

アウトレット三井

長女の家族とアウトレット三井に行く。開店の賑わいはまだ続いていて、道路は渋滞。狭山市駅からタクシーを使ったが、運転手さんは抜け道を走り、300㍍ほど手前で下車。

何百か店はあるけれど、横文字ばかりで、日本語の店は少ない。私はやっと三つだけ見つけた。「帽子屋」、「無印良品」、それに寿司屋の「承知の助」。店の名を決める人も、客も、横文字の方がかっこいいと思うんですね。私は駄目だけれど。

   汗ばむや日本語のない店ばかり   ぼんくらカエル

汗は夏の季語。今日のブログ、立夏がどうの、もう夏でもいい、などと始めたのはこの俳句のための下心あり。1日くらい早くてもいいでしょう。ただし、かんじんの俳句の方は、ろくでもないね。

長女夫婦は愉しんで買い物などしていたようだが、孫たちはつまらなそう。確かに子供向きの場所ではない。

入間市で昼食をして別れる。

|

« 孫が来る  Nさんの詩集 | トップページ | 本を買いに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/20764631

この記事へのトラックバック一覧です: 立夏  アウトレット三井:

« 孫が来る  Nさんの詩集 | トップページ | 本を買いに »