« 失われた年金 | トップページ | 死を茶化す »

2008年4月23日 (水)

スケッチ 先生の個展 年金

4月23日(水)  晴れ

スケッチ

入間川の河川敷を散歩。鉛筆スケッチ4枚。

Mizutani10009_2 

  

鉛筆で描き込んだスケッチです。4Bをつかいました。

                       Mizutani10010_4

 これも同じです。

入間川河川敷、有料橋の近くです。

                                            Mizutani10011 Mizutani10012                        

この2枚はあまり描き込んでいません。(見れば分かると言われそう。 

先生の個展  

M先生の個展を見る。抽象画なので、私などには分かりにくい。分かろうというのが間違いで、感じればいいのでしょうけれど、、なんだか、迫力の少ない絵だと思ってしまいました。

年金問題 

夕方、所沢社会保険事務所から電話あり。新たに分かった2ヶ月分を申請すると、これまでもらっていた年金の一部を返納してもらわなければならないという。なんのこっちゃ。

昔、厚生年金は20年間かければ、もらえることになっていた。ところが私は18年あまりしか掛けていないといわれ、救済処置として、不足分を全額自分で払えば、20年にすることが出来るということだった。そこで、不足分を自分で払い、とにもかくにも厚生年金を貰える資格を確保した。

ところが、厚生年金の払い込みが20年に満たないというのは、社会保険庁の間違いで、実際には20年以上払っていたのである。で、その分と、それ以後他の会社に勤務して払っていた厚生年金の分を、いま、年金として貰っている。

社会保険事務所の、電話での言い分は以下の通りだ。

「あなたが個人で払った2年弱の保険料は、本当は必要がなかった。だからその分は年金を払いすぎていることになる。あらためて2ヶ月分の年金を申請すると、その分を返して貰わなければならなくなる」

なんだと! 怒るョおれは。好きで2年分払ったと思っているのか。おまえらが2年分足りないと言うから、当時の法律に基づいて、不足分を自己負担で払ったんじゃないか。それを、本当は足りなくなかった、だから自己負担で払った分についてはなんの補償もないというのか。だから、2ヶ月分は申請するなと言うのか。

いったい何なんだこれは! 2ヶ月分なんてささいな額である。それを申請すれば、自分で払った分を返せと言われては、申請するわけにも行かない。しかし、そんな無茶な話があって良いのか。

どうやって調べればいいのか今は分からないけれど、これは放っておけない。ふざけるんじゃないよという気持ちだ。                                                                                                                                                                                                                                                                                       

|

« 失われた年金 | トップページ | 死を茶化す »

コメント

年金、ますます混乱
ご同情いたします。私も一緒に怒ります。
国よ、ほんとになにをしてる。
今日の、国民健康保険の使い込みも怒るbomb

投稿: 五十路 | 2008年4月23日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/20506398

この記事へのトラックバック一覧です: スケッチ 先生の個展 年金:

« 失われた年金 | トップページ | 死を茶化す »