« 頭に来た | トップページ | セロテープカッター »

2008年4月15日 (火)

頭の良さについて

4月16日(火)  晴れ

精障者作業所Mへ。

来月、狭山市の障害者グループのバザーと、家政大のバザーがある。

Mは両方に参加するので、そこで売る製品を作りたいのでです。私は、丸太を利用したテープカッターを作るつもり。セロテープを切るものです。できあがったら、その絵をブログに載せようかと思います。

ただねえー、私はやっとの事でブログをやっているだけだから、絵を載せるだけでも、容易じゃないんですよ。私がたまに載せる絵をプッシュすると、画面をはみ出すほど大きくなっちゃうんだって。それを修正する方法も知らないんです。

頭の良さについて

上の文章でも分かるでしょうけれど、私の頭は、あまり良くありません。残念だなあ。

ところで、頭が良いとか悪いとか、よく使う言葉ですが、どうも、二種類あるような気がします。

英語の分からない私が言うのも変ですが、ワイズとクレバーがあるようです。

ワイズというのは、物知りですね。勉強をしたり、本を読んだりすれば、たいていの人はワイズになれます。私は、記憶力だけは抜群に良いという馬鹿を知っています。あ、こんな言葉、使っちゃいけないんだ。物知りだけでは、どうにもなりません。

クレバーというのは、生まれつきではないでしょうか。この言葉、普通は器用と訳されるようですが、手先ばかりではなく、頭の器用さを含んでいるようですね。本質的な頭の良さは、クレバーの方だと思います。

日本語で「あいつは器用に生きる」などと言えば、否定的な意味を含みますが、それだけではないでしょう。アイデア、ひらめき、一時期はやった水平思考、などというのは、クレバーでなければ出てこないですよね。

ワイズでクレバーなのが一番良いでしょうけれど、そんな人はごくわずかです。私などはどちらかというと、学校に行かなかった劣等感などもあって、本などは沢山読みましたから、幾分かワイズ系に傾いています。でも、本当のワイズとは言えません。

私もそうですが、どちらかに傾きながらも、ワイズでもクレバーでもないというのが大方の人でしょうね。

|

« 頭に来た | トップページ | セロテープカッター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/20265413

この記事へのトラックバック一覧です: 頭の良さについて:

« 頭に来た | トップページ | セロテープカッター »