« 日本の歳時記 | トップページ | 強風の花見 »

2008年3月31日 (月)

芭蕉の昼寝

3月31日(月)  雨、曇り

みちくさは休み。

花冷えの1日。

午前中、原稿一本、手紙2通書く。

午後、雨が上がったので、智光山公園まで散歩。稲荷山公園ほどではないにしても、ここも花の名所だ。

   日本列島花の名所は花盛り   ぼんくらカエル

こんなのは俳句とは言えない。俳句風のもので遊んでいるのです。

Mizutani10009 名月や池をめぐりて夜もすがら

と言えばもちろん芭蕉の名句。この句をもじって

   名月の次の日昼寝の芭蕉かな   ぼんくらカエル

と狂句を作り俳句の先輩たちに見せたら、誰かが、

   名月の翌日芭蕉昼寝をし   花森安治

という句があると言うことでした。花森安治の随筆の中に出てくるのだそうです。すると私のは類句と言うことになる。俳句はわずか17文字で、季語を入れるという約束もある。仮に季語で5文字くらい使うとすれば、残り12文字。似たような表現が出てくることは避けがたい。川柳としては、花森安治の方がすぐれているようです。先に類句があれば、あとの人は引き下がるのが筋というものでしょうね。花森安治も私も、名月の夜、芭蕉は夜もすがら池のまわりをまわっていたなら、次の日は寝不足で、きっと昼寝をしただろう、と言う冷やかしです。

上の絵は、家の中で芭蕉が昼寝をしているところ。

では、まともな句

   花の下ポップコーンが止まらない  ぼんくらカエル

ポップコーンは食べ始めたら止まらない。幾らでも食べられる。やはりこれは川柳かな。

|

« 日本の歳時記 | トップページ | 強風の花見 »

コメント

ポップコーン? 花は団子でしょ。
花を眺めながらなら、何でもおいしいですよね。
今日午後、S市に行ったので、団地や前のマンションの桜を
ちょつとまわり道して、なじみの桜見てきました。

投稿: 五十路 | 2008年3月31日 (月) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/12022545

この記事へのトラックバック一覧です: 芭蕉の昼寝:

« 日本の歳時記 | トップページ | 強風の花見 »