« つばさ会  青二才 | トップページ | 辛夷の花 »

2008年3月16日 (日)

青二才昨日の続き

3月16日(日)  晴れ

青二才昨日の続き

昨日の続きという代にはしたが、青二才については、昨日ですんでいる。ただ、青二才の「青」について少し書き加えます。

青二才という時の青は、青臭いの青で、あまり良い意味ではない。しかし、元来「青」という言葉には、プラスのイメージの方が多いように思う。

「青春」、「青年」、「青雲の志」。皆、未来を持っている者のための言葉である。これらの言葉の語源も、昨日書いた「蒙古斑」と関連づけて考えることも出来ると思うが、どうでしょうか。

中国の五行では、「青」は「東」、「春」、「少年」などの意味に用いるのだそうです。青春や青年など、そこから来ていると言えるでしょうが、少年などを含むところを見ると、蒙古斑と無縁ではないようにも思える。(五行 中国古来の哲理で、万物は、木、火、土、金、水から出来ているのだそうだ。色なども、東西南北天などで決まっているらしく、青は東なのだそうです。この部分は読み囓り、詳しいことは分かりません)。

「青」を含む字、「晴」、「清」、「静」、「精」など、みんな良いイメージがありますね。そういえば「睛眼」の「睛」もありました。

|

« つばさ会  青二才 | トップページ | 辛夷の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/11417268

この記事へのトラックバック一覧です: 青二才昨日の続き:

« つばさ会  青二才 | トップページ | 辛夷の花 »