« ひな祭り | トップページ | さてどうしましょうか »

2008年3月 2日 (日)

車椅子と仲間の会

3月2日(日)  晴

原則として、昼間はパソコンに向かわないのだが、今日は例外。私の属する山の会の会則と申し合わせ事項を入力。総会の準備である。

車椅子と仲間の会

車椅子と仲間の会の定例会。新年会が雪で流れたので、今年は今日が初会合。

Hさん、久しぶりの出席。Tさんの車で彼の家まで迎えに行き、同道する。しばらく入院していて、又入院する。つかの間の退院である。癌、骨髄腫、足の手術、まさに満身創痍である。再入院すれば、手術が待っている。ただし、手術できるかどうか、まだ分からないのだそうだ。1日20時間も寝るそうで、人間はこんなに寝ることが出来るのかと自分でも驚くと言っていた。「あんなに好きだった俳句の本も読む気がしない」そうだ。

この会には本当に驚くような人が多い。たとえばKさん。両手が義手、片足が義足、それで車を運転し、自分で車椅子を車に積み、義手の2本の指(そう呼べるならば)で食事をする。場合によっては、他の人の車椅子を押しさえする。Tさんはこの人を頑固なところもあるという。それはそうでしょうね。私のように柔な人間だったらここまでは出来ない。

|

« ひな祭り | トップページ | さてどうしましょうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/10884530

この記事へのトラックバック一覧です: 車椅子と仲間の会:

« ひな祭り | トップページ | さてどうしましょうか »