« 雪ですね | トップページ | 命あるもの »

2008年2月 4日 (月)

俳人って変ですね

2月4日(月)   晴

精障者作業所みちくさへ。いつもなら畑に行くのだが、今日は雪が残っているのでパス。Kさんと藁草履作りなど。Sさんに貰った藁があったので、それを使う。藁を柔らかく叩くのが大変。以前、木の枝を利用してそれらしい道具を作っていたので、まあ、何とかなった。

今日は立春。暦の上では今日から春。身近に誕生日の人もいたりして、めでたいと言えばめでたい。暦通りに季節を感じることになっている俳句の方では、もし明日雪が降ったら、春の雪、ということになる。変ですね、俳人って。一般の人の実感と違うことを言って、自分たちの方が正しいと思っている。何しろ暦に従っているのだから、実感なんぞ何のその、だ。一年中で一番寒いときが春で、一番暑いときが残暑なのである。それでも、今日の陽ざしだけを言うなら、春のようだった。関東地方には、「雪の次の日は裸で洗濯」などということわざもある。

夜、4階のGさんから電話あり。Iさんの奥さんが亡くなったという。びっくり。常識をわきまえた感じのいい人だった。私などに比べればまだ若いのに、病気とは知らなかった。明日、通夜。

|

« 雪ですね | トップページ | 命あるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/10257458

この記事へのトラックバック一覧です: 俳人って変ですね:

« 雪ですね | トップページ | 命あるもの »