« 記憶力と判断力 | トップページ | 登山靴 定例会 »

2008年2月13日 (水)

雪の蕨山

2月13日(水)   晴

月いち、水曜日、いつもの仲間と蕨山へ。Hさん、Sさん、Kさん、Aさん、Iさん。

奥武蔵の山でも蕨山の雪は深いと前から聞いていた。その通りだった。飯能からのバスの終点、名郷から登る。この冬何度か雪が降っているが、日の当たるところ以外は、まだ深く積もったままだ。大方は踏み跡があって、それをたどればいいのだが、滑りやすく、アイゼンをつけても、なかなか疲れる。Hさんを先頭に、私はしんがりで進む。

蕨山山頂まであと0.7キロの標識を過ぎたあたりから、踏み跡が消える。雪国の人ならば知っていることだが、風通しのよいところでは、強い風に煽られて雪が横に降り、踏み跡などを消してしまうことがある。ちょうどその状態である。頂上が目の前にあるのに、ここで引き返すのは残念なので、ラッセルをして進む。大方はSさんがラッセル、一部私がラッセルで、どうやら頂上にたどりつく。雪はちょっとした地形や風向きの違いで、深くなったり浅くなったりする。場所によっては腰近くまでの積雪があった。

頂上で昼食。風が強く寒かったが、この辺で昼飯にしないと、腹が減ってかなわない。ややあって、感じの良い中年女性(おばさん)の二人組が登ってくる。「ラッセルがあったので楽をした」というのは本音だろう。しかし、かなり山慣れているように見受けられた。

頂上からは道がついていて、それ以後下山するまで、踏み跡が消えることはなかった。名郷から蕨山を経て河又まで、歩行時間は約6時間。雪道なので時間がかかる。綿のごとき疲れ。

例によって狭山で反省会(?)。

|

« 記憶力と判断力 | トップページ | 登山靴 定例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/10488876

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の蕨山:

« 記憶力と判断力 | トップページ | 登山靴 定例会 »