« 子供の四季2,他 | トップページ | 障害者作業所の内職 »

2007年11月 6日 (火)

かすみ川食堂

11月6日(火)  雨、曇り

かすみがわ食堂のボランティア。かすみがわ食堂というのは、狭山市のこぶし福祉会が運営する精障者の授産施設、リバーサイドで経営する食堂である。私はここに、月に1回だけ、手伝いに行く。主として、洗い物などをする。忙しいのは、昼時だけで、1時半には暇になる。

それがすんだら、包丁研ぎをする。食堂の包丁も、月に一回研いでおけば、何とかなる。ちゃちな食堂ではあるが、家庭用とは違って、毎月10丁くらいは研がなければならない。2ヶ月に1度くらいは、隣にある精障者の小規模作業所「コパン」の包丁も研ぐ。こちらは2丁くらいだ。

包丁も、このくらいの頻度で研いでおけば、研ぎ下ろすのに、さほど時間はかからない。困るのは、何年も研がなかった包丁を持ってこられることだ。かすみがわ食堂の外で研いでいると、いくらで研ぐのか聞く人がいる。ボランティアで研いでいるのだから無料である。お客さんの包丁も、時折無料で研いでいる。

帰りは背中に砥石2つを背負って歩く。自宅まで1時間半くらい懸かる。けっこうな運動量である。

|

« 子供の四季2,他 | トップページ | 障害者作業所の内職 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/8787200

この記事へのトラックバック一覧です: かすみ川食堂:

« 子供の四季2,他 | トップページ | 障害者作業所の内職 »