« 野分 | トップページ | 畑打ち、藁打ち »

2007年10月28日 (日)

散歩、案山子祭り

10月28日(日)  晴れ

午後、河川敷を散歩。最近は入間川河川敷の散歩をするとき、下流の方にばかり向かっていた。今日は久しぶりに、有料橋から自転車道を上流に向かって歩く。台風一過の上天気で、まことにさわやかである。急ぎ足で少し汗ばみながら歩く。川の畔のヤオコーでビールとつまみを買い、護岸のコンクリートの上で一休み。中州には白鷺、流れの中には数匹の鴨、それらを眺めて一杯やる気分は、至福のひとときである。こんなことが至福だなんて、若いときには考えられなかった。

P1010008 今、入間川河川敷で目立つのは、セイタカアワダチソウの黄色。問題のある花ではあるが、美しい。セイタカアワダチソウほどは目立たないが、ミゾソバが白い花をつけている。河川敷公園に植えられた芙蓉は、盛りを過ぎて、ピンクの花をしおれさせている。

河川敷も自転車道も、陽気のせいだろう、人が多い。散歩の人、ジョギングの人、当然ながら自転車の人。台風が近くを通った影響で、川の水が多く、勢いがある。堰のあるところでは、水が白波を立てて激しく落ちる。水しぶきが煙のように上がっている。高さは足りないがまるで滝だ。その様子を写真に撮っている人もいた。

散歩していると、足元からトノサマバッタが飛び立つ。赤とんぼ、秋の蝶、すべて懐かしい感じだ。こんな日に釣りをしている人たちは、幸福だろうな。夏や冬だと、釣り人をうらやむことはないが、こんな日は、良い趣味だと思う。

   川岸の夕日まぶしき日向ぼこ    ぼんくらカエル

帰路、奥富の案山子祭りを見る。ビニール袋に紙くずを詰め込んで形を作っただけの案山子もあるが、かなり手の込んだ物もある。童話やアニメのキャラクターなどもある。全体の感想としては、わざわざ見に来るほどの物ではないが、通りすがりに見るのはいいという程度。

|

« 野分 | トップページ | 畑打ち、藁打ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/8655901

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩、案山子祭り:

« 野分 | トップページ | 畑打ち、藁打ち »