« 匿名について | トップページ | 老人会の誕生会 »

2007年7月 6日 (金)

年金問題

7月6日

ぼんくら日記

いつかも書いたが、私は年金問題の被害者である。ほぼ1年あまりの年金の行方が分からない。今日、川越の社会保険事務所に行ってきたが、結局解決できなかった。

戦後の、まだ日本が貧しかった頃、私は15歳の義務教育終了程度で就職した。私はぼんくらな蛙だけれど、高校に進学する能力がなかった訳ではなくて、家が貧しかったのである。

最初に就いた仕事は、おもちゃの機関車の部品を作る家内工業だった。日給は100円であった。当時は、一人のひと月の食費が3000円はかかるといわれていた。毎日働いても、食い扶持が稼げるかどうかという金額である。私は手が遅くて、採算が合わなかったのだと思うが、3ヶ月くらいで首になった。

その後、荻窪にあったメッキ工場に入社した。昭和27年頃である。ここで厚生年金に加入した。これが出てこないのである。荻窪駅から、青梅街道を三鷹方面に歩いて、清水町というところにあったような気がする。この会社の名前がはっきりしない。平沢とか平沼とか、平という字がついたような気がするのだが、あやふやである。もう50年以上も前のことだ。

その後、和楽器の製造卸の会社に勤めた。この会社で、私は厚生年金の証書を捨てられてしまった。この会社の名前と、証書を捨てられた事情を書いても良いのだけれど、今は止めておく。その後、この会社で昭和31年、厚生年金に加入した。この、捨てられた分が出てこないのである。

名寄せをしてもらうしかないのだけれども、それでも出てこないらしいのである。荻窪のメッキ工場の名前が思い出せればいいのだが、50年以上も前のことで、工場などとうの昔になくなっているものを、どうやって調べればいいのだろうか。行方不明の年金記録が5000万件くらいあると言うことだが、私のは、そのどこかに紛れ込んでいるのだろう。あるいは、消されてしまった1000何百万件の方かもしれない。

|

« 匿名について | トップページ | 老人会の誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/7052501

この記事へのトラックバック一覧です: 年金問題:

« 匿名について | トップページ | 老人会の誕生会 »