« 秩父市田村 | トップページ | 夏の山行 »

2007年5月19日 (土)

つばさ会

5月19日

ぼんくら日記

つばさ会というのは、ぼんくらカエルが属している俳句の会である。一応は同人組織で、ベテランが多い。中には中央の俳句総合誌の常連などもいたりして、相当程度の高い人もいる。そこへ行くと私などは、句歴も短いし、俳句のなんたるかも分からず、その会の端っこの方にぶら下がっているだけだ。

確か先月の句会で、「はるめくやぴんぴんころりこそよけれ」というのを出句した。ふざけたような句だから、おしかりを受けることは覚悟していた。しかし、互選の折りの評には、意外なものがあった。「意味が分からない」というのである。これは予想外だった。

古くから俳句を作っているような人は、多分上品な生活をしているんでしょうな。われわれのような下々のものが使う俗な言葉は、分かって貰えないのかもしれない。

いずれにしても私にとって、俳句はぼけ防止の手段。他の同人たちには、少し申し訳ないとは思う。

|

« 秩父市田村 | トップページ | 夏の山行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/6479020

この記事へのトラックバック一覧です: つばさ会:

« 秩父市田村 | トップページ | 夏の山行 »