« 有間ダム(名栗湖) | トップページ | スキャナの故障 »

2007年5月 1日 (火)

木の枝時計

5月1日

P1010040 写真の時計は、狭山市の精神障害者授産施設、リバーサイドの食堂の壁に掛けられたものである。実はぼんくらカエルが、他の精障者小規模作業所で、メンバーさんと一緒に作ったものだ。その作り方を、何回かに分けて書こうと思う。

材料

① 直径3センチ、長さ35センチくらいの木の枝4本

② 直径1センチ長さ10センチくらいの木の枝1本

③ 直径5ミリ~8ミリ長さ10センチくらいの木の枝1本

④ 時計の機械部分

   時計の機械部分は製造元から買うことが出来るけれども、市販されている  時計を解体して使う方が便利で安い。解体方法は後述。時計は100円ショップでも売っていますが、さすがにそれは使いにくい。機械部分と針の間が広く空いている方が使いやすい。100円ショップのものは、その間が3ミリくらいしかない。それでも使うことは出来るが、どうせ作るなら、もう少しましなものを使いたい。1000円未満で十分です。

⑤ 板、25センチ×25センチくらい、厚さ12ミリくらい(ベニヤ板が便利)

⑥ 時計を吊るための金具と吊り紐

⑦ 好みによってベニヤ板に貼る和紙、または布切れ(無くてもよい)

工具

P1010042 ① ノコギリ

     細かい作業なので、背金のついている方が使いやすい

② 電動ドリル(写真手前)

③ 電池ドリル(写真奥)

④ トリマー (写真左)

⑤ 6ミリビット(今回使うトリマーの刃。トリマーのもっとも標準的な刃です)

作り方の実際は明日から

ぼんくら日記

リバーサイドの食堂で、1時間ほどボランティア。食事の取り次ぎなど。

5月に行われるこぶし福祉会(狭山市の精神障害者施設を運営する福祉法人)の後援会総会に欠席するので委任状を提出。評議委員会には出席する予定。

|

« 有間ダム(名栗湖) | トップページ | スキャナの故障 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/6272883

この記事へのトラックバック一覧です: 木の枝時計:

» アスペルガー症候群について [アスペルガー症候群 まとめサイト]
アスペルガー症候群の特徴や具体的事例、また、成人子供を問わずいろいろなQ&Aを集めたサイトです。 アスペルガー症候群に対する原因や対処法なども取り上げたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 15時06分

« 有間ダム(名栗湖) | トップページ | スキャナの故障 »