« 雹、くじ運 | トップページ | 有間ダム(名栗湖) »

2007年4月29日 (日)

いさぎよくない

4月29日

今日は「昭和の日」だそうだ。「みどりの日」の方が良いなあ。

朝のテレビの対談で、近ごろの政治家が、従軍慰安婦や沖縄の集団自決について、軍の関与がなかったとしたがる発言について、筑紫哲也が「潔くない」と言っていた。まさに我が意を得たりである。なんであれ、暗い過去を隠そう隠そうとする動きは、本当に潔くない。事実は事実として認め、そこから出発するしかないのだ。

安倍晋三たちは従軍慰安婦や沖縄県民の集団自決に、本当に軍が関与しなかったと思っているのか? 軍の上層部が、従軍慰安婦を強制的に連れてこいと直接指導したとか、沖縄県民に集団自決しろと命令した証拠がないから、軍の関与はなかったというのだろうか。

現実に従軍慰安婦はいたのである。そうなることを強制されていた。逃げることも出来なかった。それを、自らの意志だったというのか。

沖縄県民に、誰が手榴弾を渡したか。自分たちで、自殺用に作ったというのか。軍の上層部が、直接指導したかしないかの問題ではないはずだ。自分たちが直接言おうが言うまいが、そのようなことが行われていた事実は、現としてあるのだ。軍の上層部がその事実を知らなかったとは考えにくいが、よしんば知らなかったとしても、責任がないとは言えないだろう。

今頃になって、軍の責任ではないなどと言い出すのは、卑怯である。

昭和天皇は、戦争の責任はあったかもしれないが、いさぎよさは持っていた。靖国参拝をやめた判断は正しかったと思う。

ぼんくら日記

宮沢湖へ。ほとんど昼になって出かける。湖畔で昼食。いつもは静かな湖だが、さすがはゴールデンウイーク。動物園も遊園地も、人で溢れている。釣り人が使うボートはともかく、遊園地や動物園は、普段は開店休業みたいなものなのに。遊園地の食堂だって、普段はやっていない。今日は湖畔に、臨時トイレが仮設されるほどの賑わいである。

湖の奥の、比較的人が来ない広場で、昼食を取る。大きな木が何本もあって、近ごろにしては珍しく、2組の、木登りをする子どもたちを見た。昔は当たり前だったけれど、近ごろは子どもに野性味が無くなっているから、めったなことで木登りなどしなくなった。木登りくらい、どんどんやるがよい。

宮沢湖から天覧山へまわって帰る。やはり新緑は美しいが、先日秩父へ行ったときの方が、美しさが際だっていたと思う。なぜだろう。若葉の緑が、少し濃くなっていたことと、関係があるかもしれない。それに、秩父へ行ったときは、雨で若葉が濡れていたと言うこともあるのだろう。

しかし、好天の日に湖の畔や山の道を歩くのは、爽快でよろしい。

|

« 雹、くじ運 | トップページ | 有間ダム(名栗湖) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/6252290

この記事へのトラックバック一覧です: いさぎよくない:

« 雹、くじ運 | トップページ | 有間ダム(名栗湖) »