« 糸鋸 その他 | トップページ | 寝言のコンちゃん »

2007年4月25日 (水)

芝桜

4月15日(ぼんくら日記)

昨日につづき、今日もフリー。

あいにくの雨だったけれど、秩父へ散歩に行く。ひつじ山公園の芝桜をまだ見ていなかったので、ついでに寄ってみようか、などと思った。遅く出かけたので、西武秩父に着いたのは1時頃。取りあえず街の食堂にはいる。

小さな店で、のれんをくぐって入ったが、誰もいない。おやおやと思って店を出ようとすると、奥から慌てたように主人のその奥さんらしいのが出てきた。メニューを見て、ビールと岩魚定食を頼む。奥さんは、ビールを出して奥に引っ込む。店の主は網を持って、裏のドアから出て行った。どうやら裏の生け簀に岩魚を飼っているらしい。おもしろい店だ。

ビールを飲みながら、岩魚を焼く店の主人と話をする。

「ひつじ山公園の芝桜なんて、前はなかったよね。何年くらい前からなの?」

「4年目だね。最初の年はとても綺麗だった。2年目は肥料がたりなくて駄目だった。3年目は水不足であまりよくなかった。今年も駄目だね。だけど今年から入場料を取るようになった」

「へー只じゃないの。日高の巾着田の彼岸花も、最近は入場料を取るけどね」

「日高が取るんだから。こっちも取って良いんじゃないかってことになったんですよ」

こんな話を聞いて、何となくひつじ山公園には行きたくなくなった。今年は駄目だというところに、入場料を払ってというのは、どうもね。

そこで秩父の街を散歩する。とにかくよい季節で、どっちを向いても新緑の美しさが目につく。まわりの山々の新緑に濃淡がある。こんな時は大通りではなく、路地歩きに限る。秩父の街は、どっちを向いても、後ろに山がある。雨もよいだけに、山の中腹に雲がたなびいたり、新緑が本当にみずみずしい。カメラを持ってこなかったのが悔やまれる。

タイトルに「芝桜」と書いたが、「芝桜を見ないの記」だ。それでも満足して帰る。

|

« 糸鋸 その他 | トップページ | 寝言のコンちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/6210429

この記事へのトラックバック一覧です: 芝桜:

« 糸鋸 その他 | トップページ | 寝言のコンちゃん »