« 不眠症 | トップページ | 糸鋸 »

2007年3月19日 (月)

歯について

3月19日(ぼんくら日記)

タイトルは、単に「歯」だけでよかったのだが、何となく「について」などと付け加えた。そこにべつだん意味があるわけではない。

今、歯医者に通っている。半年に1度くらい、歯肉の手入れや歯石を取ってもらっている。

私はときどき、歯並びをほめられる。もし私の顔に誇れる部品があるとしたら、歯並びくらいのものだ。しかしその歯並びも、前歯だけのことで、奥の方は、虫歯の手入れをしたものが多い。そのうち1本は完全に抜けてしまって、インプラントとか言う方法で差し込んである。その歯の後ろ、左側1番奥の歯が、少しぐらつきだしたらしい。まだ抜くほどではないらしいが、多分そのうちいかれる。

80歳で20本、自前の歯を持つのが理想だそうだけれども、私がそこまで生きられたとして、20本残せるかどうか。

1生の中で、歯を意識し出すのはいつ頃だろうか。多くの人にとって、乳歯から永久歯に生え替わる時ではないかと思う。古い歯を抜くのはやはり痛い。私の歯は抜けにくくて、抜けて欲しい歯を、人差し指と親指でつまんで、ぐらぐらと前後に揺すったり、木綿糸に結わえてひっぱたりした。それでものけないうちに、新しい歯が生えそうになり、歯科医で抜いてもらった記憶もある。

そう言えば、今インプラントになっている奥歯を抜いた時、こんなに太い神経はほとんど見ない、と歯科医に言われた。本物の神経も、繊細な方がいいのだろうか。私のは太いそうだから、鈍感なのは、頭ばかりではないらしい。

|

« 不眠症 | トップページ | 糸鋸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/5746089

この記事へのトラックバック一覧です: 歯について:

» インプラント [インプラント]
インプラントの基礎知識 [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 23時54分

« 不眠症 | トップページ | 糸鋸 »