« ドジ | トップページ | 障害者の作業所 »

2007年2月21日 (水)

日和田山、鎌北湖

2月21日(ぼんくら日記)

 Hさん、Aさん達と山歩き。ごく近くの低山歩き。

 高麗駅~日和田山~物見山~宿谷の滝~鎌北湖~北向き地蔵~ユガテ~東吾野駅。

 足慣らしだが、変化を持たせるため、なるべくこれまで通らなかったコースを選んで歩く。

 日和田山から物見山の途中で、古滝へ寄り道する。荒れた道をわざわざ行ってみると、それらしい場所の岩が濡れているだけで、標識に「幻の滝」と書いてある。雨の時だけ現れるのだそうだ。

 物見山から宿谷の滝は、コースガイドの地図では、実線ではなく点線になっている。難コース、または道がはっきりしないと言うことだ。道は荒れてはいたが、それほどの難コースとは思わなかった。宿谷の滝は、なかなか勢いのある滝だが、受ける印象が、長い樋を降りてくるような滝であった。われわれが宿谷の滝を離れようとした時、白装束の修験道と思われる7人ずれが、この滝にやってきた。

 鎌北湖から、再び登り返す。普通はここから毛呂駅などへ行くのだが、バスに便が悪いところだし、われわれは西武線の方がよいので、もう一度山越えをする。ユガテは山の中腹に開けた土地で、農家が2軒ある。ユガテで、先頭を歩いていたAさんが「あ、イノシシ」という。イノシシが横切ったらしいのだ。しかし2番目を歩いていたHさんや、3番目の私は、見ることができなかった。

 ユガテ付近の山は、蕨に似たシダ植物の勢いがよくて、4~50センチになっているものも多かった。

 穏やかな天気で、のんびりと気張ることもなく歩けたのはよかった。低山ながら、歩行距離はかなりあったと思う。

|

« ドジ | トップページ | 障害者の作業所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/5433636

この記事へのトラックバック一覧です: 日和田山、鎌北湖:

« ドジ | トップページ | 障害者の作業所 »