« カタカナ語 | トップページ | お爺さん »

2007年2月 7日 (水)

清少納言の声など

2月7日(ぼんくら日記)

 車椅子のTさん、身体障害のHさんと、埼玉文学館、丸木美術館に行く。本当は、遠山記念館にも行ったのだが、こちらは砂利の中を通らねばならず、車椅子では入れなかった。

 埼玉文学館は「永井荷風展」。山田朝一という荷風研究家のコレクション展である。昭和初期の文芸誌や挿絵の様子が分かり、その点で興味は持てた。

 しかし私がもっとも興味深かったのは、常設展示している、清少納言の声の復元であった。残された絵などから骨格やら何やらを判断して、声を復元したものだ。どこまでにているかは分からないが、意外に若々しい声なのである。考えてみればそれも当然で、清少納言が宮廷にいた頃は、実際に若かったはずである。

 他に、芭蕉の声、馬琴の声の復元もあった。こちらの方は、そんなものかと言うところ。

 丸木美術館。原爆の図などを見て、本当ならば感に堪えぬような感想を書かなければならないところだが、実はそれほど感じなかった。戦没画学生の作品を集めた「無言館」などの方が、もっと感動があったのはなぜだろう。

|

« カタカナ語 | トップページ | お爺さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/5252440

この記事へのトラックバック一覧です: 清少納言の声など:

« カタカナ語 | トップページ | お爺さん »