« ぼんくら日記 | トップページ | ぼんくら »

2007年1月17日 (水)

ぼんくら日記

1月17日

 午後、Yの湯へ行く。Yの湯内の理髪店で、髪を刈る。髪を刈るといった所で、刈る髪は少ない。つむじの辺りが禿げていて、周りに髪が残っている。私の外見は、ぼんくらカエルと言うよりは、ぼんくらカッパだ。それでも、何十年もあっていない友人にあったとき、髪の毛が残っていることを驚かれた。昔からおでこが広く、髪の面積が狭かった。だから、すっかり禿げているだろうと思っていたらしいのだ。

 そんな頭だから、普段は床屋へなど行かない。髪は自分で適当に切っている。頭などありさえすればいいというのが、私の持論なのだ。それでも今日床屋へ行ったのは、あさってのOさんの告別式で、受付を頼まれたからである。ぼさぼさ頭というわけにもいくまい。

 遅れてしまったが、Iさんに、随筆誌「雷鼓」と俳誌「木の芽」の感想と礼状を書く。いつも贈って下さるのである。

|

« ぼんくら日記 | トップページ | ぼんくら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/4971881

この記事へのトラックバック一覧です: ぼんくら日記:

« ぼんくら日記 | トップページ | ぼんくら »