« かまくら伝説 5 | トップページ | ご挨拶 »

2006年11月25日 (土)

かまくら伝説6

かまくら伝説 6

かまくらと鎌倉

 気がつくと、慎くんは大きなカシの木の下にたっていました。隣には、みのを被ったあの不思議な少年がいます。

「慎くん『よんじゃめぐり』の意味は分かっただろう」

「うん『用心めぐり』だよね」

「『かまくら』の意味はどうだい」

「それは分からない」

「分からないかなあ。さっきほこらの中にいたのは、源氏の武将たちだよね。その源氏は、後に鎌倉を本拠地にしたんだよ。だから雪のほこらを『かまくら』って言うようになったのさ」

「ふーん、そうなの。……ところで、君は誰なの?」

「ぼくかい。ぼくはぼくさ。そんなことより、君はお父さんの所へ帰らなくちゃいけない」

 はげしい雪の中で、慎くんは少しからだが浮き上がったように思いました。そのとき、雪のほこらをまわる道太が見えました。そして、不思議な少年が、道太に吸い込まれていくのを、見たように思いました。

 雪が降ります。あたり一面を白いもやにして、雪が降りつのります。

「やあ、遅くなってごめんよ」

 不意にお父さんの声がします。振り返ると、お父さんがかまくらから出てきたところです。

「いやあ、子どもたちにもう1杯どうぞなんて言われて、つい甘酒を2杯も飲んじゃった。待ちどうしかっただろう」

「お父さんごめんなさい。長い間いなくなったりして……」

「え?」

「ぼくは道太の中に入っていたんだ」

「ドウタ? なんだいドウタって?」

「雪みのを着た子どもが来てね、それで……」

「雪みのを着た子どもだって? 昔はそういう子どももいたけれど、今はいないよ。まるで夢を見ているようじゃないか」

 慎くんは辺りを見まわしました。まわりの景色も人も、慎くんが不思議な少年に会う前と同じです。本当に夢を見ていたのでしょうか? それも、お父さんがたった2杯の甘酒を飲む間に……。

 慎くんが不思議に思っていると、遠くから歌声が聞こえます。道太の声です。慎くんは目を輝かせて言いました。

「お父さん、ほら、道太がうたっているよ」

「歌? 聞こえないねえ」

 お父さんは首を傾けて言いました。でも、慎くんには、かすかに、しかしはっきりと、道太の歌が聞こえるのです。

  用心めぐり

  用心めぐり

  寒鍋かけろ

  辛い酒かけるな

  甘酒かけろ

  餅を焼け

  ホーイ  ホーイ

 

 しんしんと雪が降ります。その雪の下で、横手市はかまくら祭りの賑わいです。

                                            おわり

|

« かまくら伝説 5 | トップページ | ご挨拶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/4307224

この記事へのトラックバック一覧です: かまくら伝説6:

« かまくら伝説 5 | トップページ | ご挨拶 »