« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

かまくら伝説 3

かまくら伝説 3

蛍の少女

 いくさはもう何年も続いている。源義家が東北地方の長官として京都からやってきたとき、原島道太は父の道行と共に、義家に従ってきたのである。そのころ8歳だった道太も今は12歳になっていた。いくさは、義家がこの地について、すぐに始まった。道太は、京都のことはもう思い出すこともない。生まれたときから、ずっといくさをしているような気さえする。

 清原家衡軍は強力だった。何年も戦って、義家軍は、家衡の立てこもる沼柵(ぬまのき)を落としたが、家衡は逃れて、金沢柵(かなざわのき)に入っている。義家軍は家衡を追って、雪原を行進した。慎くんがかしの木の下で道太を見かけたのは、そのときのことだ。

 慎くんが道太の心の中に入ってから半年が過ぎ、もう夏である。あいかわらず家衡は、太い柱をすきまなく並べて城のようにした、金沢柵にこもっている。義家軍は、どうしても金沢柵を落とすことができないのだ。

 この何日か、うだるような暑さが続いて、両軍に目立った動きはない。ある夕方、道太は陣の裏山の方へ行ってみた。せせらぎの音をたよりに、夏草をかき分けて進むと、両岸に青草の生い茂った小川にでた。道太は岸に座り、両足を流れに入れて、あおむけに寝ころんだ。

 夕焼けである。あかね色の雲が空一杯に広がっている。雲の色が、見る間に変化していく。夕焼けの輝きを全身に受けながら、道太は目をつむった。まぶたの裏まで、夕焼けの暖かな色が伝わってくるようだ。体の芯まで、夕焼けに染まるような気がする。日中の暑い盛りには静かだった小鳥たちも、しきりにさえずっている。

 見る間に、夕焼けの雲の動きがはげしくなった。あかね色の雲がちぎれて、ちぎれた雲がまたちぎれて、ちぎれて、ちぎれて、小さな綿くずのようになって、赤や紫の色のまま、ふわりふわりと舞い降りてくる。道太の上にも、義家軍の陣の方にも、金沢柵の方にも、赤や、黄や、紫の小さな雲が、たんぽぽの綿毛のようにただよいながら、舞い降りてくる。

「あは、あははは、あっはは」

 嬉しくて仕方がないというような少女の笑い声で、道太は目を覚ました。見ると川の向こう岸で、7,8歳くらいの女の子が、夕焼け雲を追いかけている。いや、夕焼け雲と思ったのは、蛍である。あたり一面が蛍の海だ。少女は、蛍を捕まえては、竹の籠に入れている。貧しい身なりだが、目のきれいな、かわいい少女だ。そばに姉らしい人もいる。

 道太はゆっくりと体を起こした。

「あっ」

 道太に気づいて、姉は一歩下がった。

「あっ」

 道太に気づいて、妹は一歩前へでた。

「こんばんは」

 道太が声をかけると、妹は川の縁まで駆けてきて、道太がしているように岸に座り、流れに足を入れた。姉が困った顔をしているのに気にもとめず、道太と顔を合わせると、にっこり笑う。道太もつられて笑い、話しかけた。

「どこに住んでいるの?」

「うん、あっち」

 少女は川上の方を指さした。

「名前は?」

「しず・・・しずです」

「しずか、良い名前だ」

 大人ならきっとそうするだろうと思って、道太は名前をほめた。

「うん、良い名前でしょう」

 少女が答える。姉が少女の所まで来て、道太にお辞儀をした。そして、

「さあ、帰りましょう」

 と、しずをうながした。しずはそれにかまわず、

「あなたはなんていうの?」

 と聞く。

「原島道太だよ」

「ふうん。は、ら、し、ま、どう、た、なの」

「原島道太様といいなさい」

 姉がしずの手を引いて立ち上がらせた。

「さよなら」

 しずが言った。

「さよなら」

 道太も言った。しずの姉がもう一度道太にお辞儀をし、しずの手を引いて帰っていった。蛍の海の中でしずが振り返り、

「原島道太様」

 といって、手を振る。道太は立ち上がって、二人を見送った。

                                                続く

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

かまくら伝説

かまくら伝説 2

不思議な少年

 しんしんと雪が降ります。その雪の下で、横手市はかまくら祭りで賑わっています。

 かまくらは、大きな雪のほこらです。雪を積み上げて、中をくりぬいて作った雪の家です。中は、大人が立って入れるほどの高さがあります。真ん中に火鉢を置いて、まわりに3,4人の子どもが座れるくらいの広さがあります。

 かまくら祭りは子どもの祭りです。子どもたちは、かまくらの中で餅を焼き、甘酒を温めるのです。かまくらの奥には、水神様が祭られています。道行人たちは、水神様にお参りし、甘酒をふるまってもらうのです。

 慎くんはお父さんに連れられて、かまくら見物に来ました。子どもたちに声をかけられて、水神様にお参りをしたところです。お父さんが甘酒を飲んでいるうちに、慎くんは外へ出ました。

 雪が激しくなりました。あたりはミルク色の、濃いもやに包まれてしまいました。そのもやの中から浮き出したように、一人の少年が現れました。わらの雪みのを被り、わらのくつを履いています。

「こんばんは。君が慎くんですね。僕のかまくらに来てください」

「え? 僕はいま、お父さんを待っているんだ。だから行けないよ」

「きみは『よんじゃめぐり』の意味を知りたいでしょう? 『かまくら』の意味も知りたいでしょう? だったら、僕にかまくらに来てください」

 それだけ言うと、少年は慎くんの答えも聞かず、くるりと向きを変え、どんどん歩き出しました。慎くんは見えない力に引かれるように、その少年についていきました。少年はずんずん歩きます。慎くんはせっせとついていきました。まわりの景色はミルク色のもやの中です。慎くんには、少年の後ろ姿しか見えません。少年はいくらか片足を引きずっているように見えます。

 しばらく歩いて、少年は急に立ち止まりました。

「これが僕のかまくらだよ」

 少年の指さす方を見ると、ミルク色のもやの中から、かまくらが一つ浮かび上がりました。少年は慎くんをうながして、そのかまくらに入りました。ほかには誰もいません。慎くんが水神様にお参りをすると、少年は甘酒をくれました。その甘酒を飲むと、もやはますます濃くなって、不思議な少年さえも見えなくなりました。

 急に空気が冷たくなったような気がして、慎くんは首をすくめました。ばさりと音がした、大きな雪のかたまりが足もとに落ちました。はっとして見上げると、大きなカシの木が枝を広げています。驚いたことに、慎くんと不思議な少年は、雪原の中の大きなカシの木の下に立っているのでした。

「ここはどこだろう?」

 しんくんがつぶやくと、

「さっきと同じ所さ」

 と、少年が答えました。

「なんで? さっきかまくらに入ったのに・・・」

「かまくらのあった場所さ。ただし900年前のね」

「何だって! 900年も前だって?」

 慎くんは、びっくりして辺りを見まわしました。しかしそこは、ただしんしんと雪が降り続く雪原でした。

「前をよく見てごらん」

 不思議な少年が言いました。慎くんが目をこらすと、何か黒いかたまりが雪原を横切っていきました。なおも目をこらすと、それはよろいかぶとに身をかためた武士でした。濃いもやの中で、影絵のように、左から現れて右に消えていきます。一人の武士が消えると、次の武士が現れます。次の武士が消えると、その次の武士が現れます。みな、弓を持ち、矢を背負っています。中には、馬にまたがる武士もいます。やがて、ひときわ立派な武士が現れました。

「戦争なんだよ。ほら、いまそこを通っているのが源義家(みなもとのよしいえ)さ」

「源義家って誰なの?」

「義家を知らないのかい。それじゃあ源頼朝(みなもとのよりとも)なら知っているだろう?」

「頼朝ならね。鎌倉幕府を開いた人だよね」

「そうそう。義家はね、頼朝のおじいさんのおじいさんさ。そのころ、日本で一番強いと言われた武士なんだ。でもいま戦っている清原家衡(きよはらのいえひら)もすごく強くて、さすがの義家も苦戦しているんだ・・・あ、原島道行(はらしまみちゆき)だ。馬の上で、何か考え事をしている武士がいるだろう。あの武士は作戦を立てるのが上手で、義家の相談相手なんだ」

 しばらくして、誰も現れなくなりました。

「もう終わりらしいね」

「まだだよ、少し遅れて、僕たちくらいの少年が来るはずだ。原島道行の子どもで、道太っていうんだ」

 話しているうちに、眉が太く気の強そうな少年が現れました。子どものくせに、大きな弓まで持っています。

「あれが道太だ。慎くん、君にはあの少年の心の中に入ってもらうよ」

 霧が深く立ちこめて、不思議な少年の姿が消えました。慎くんは、体ごと、道太の心の中に吸い込まれていきました。

                                             つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »