2020年1月19日 (日)

たまには人物画も

人物画

1_20200119183901
 ご近所さんです。ご近所さんの絵はたいがい本人に差し上げてしまうので、手元にはコピーしかありません。

子どものいる風景

16

私の描く絵

 趣味で水彩画を描いているわけですが、絵の中に人物が入ることが多い。私の絵には、大人が主役であれば「大人のいる風景画」、子供が主役であれば「子どものいる風景画」、人物がいなかったり、いても単なる点景に過ぎない「風景画」、そしてごくわずかですが「静物画」があります。
 たいがいの絵は私自身が直接見たものや、私の撮った写真から描きます。例外は人物と仏像などです。例えば興福寺の阿修羅像なんて、自分で写真を撮る訳にはいきませんものね。オリンピックで活躍した選手なんて描いてみたいものね。ただ、その場合でも、ブログに載せる絵は、他人の絵の摸写はしていません。

 「今日の絵」は何でもありですが、そのほかには、いろいろな絵をブログに載せていきたいと思います。そして今日は「今日の絵」がありません。描かないときもあるのです。

習慣

 絵を休みたい日があります。俳句も休みたい日があります。そればかりではない、ブログも休みがあったら楽だろうと思うときがあります。それでも、俳句とブログは、無理をしてでも書いています。無理をして書くなんてことも、習慣になるのですね。

分からないことは子供頼り

 分からないことがあると、自分で調べようなどとは思わず、ジジイは子供に頼ります。こうして惚けは進んでいくのです。パソコンとケータイについて分からないことを聞きに、次女の家に行きました。次女とそのご亭主に聞いて解決。ついでに2月の旅行先の予約も取ってもらいました。

気になる俳句

寒晴やあはれ舞子の背の高き 飯島晴子

 こんな有名な句をひくと、かえって気恥ずかしい。

ぼんくら俳句

   冬日和ちょっと手品をして見せる

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

初雪

今日の絵

Img343
        石神井公園

子どものいる風景

15
       ザリガニ釣り

初雪

 朝からの雨が10時くらいから雪になった。雪の時間、天気予報で言っていた時間より長かったように思う。午後、雨になったけれど、予報と違って夜まで降り続いた。

自治会班長会

 午後7時から班長会。集会所へ、行きも帰りも傘さして。

気になる俳句

やがてまた雪の降り出す雪見酒 小笠原和男

ぼんくら俳句

   見るほどの雪も降らぬに雪見酒

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

小地域福祉活動inさやま説明会 V連新年会

今日の絵

Img341
 このところほとんど毎日子どものいる風景だね

子どものいる風景

14
        神輿が来るヨ    秩父にて

V連、定例会と新年会

 狭山市ボランティア団体定例会と新年会

小地域福祉活動サミットinさやま

 正式には「第13回全国校区・小地域福祉サミットinさやま」の説明会。V連役員はこの裏方をやることになっています。
期日は1月25・26日。社協職員に運営マニュアルを渡される。これが細かい字で書かれて113ページだ。13ページじゃないよ。
 狭山市社協も総力を挙げているわけだから、我々も、やらなければならないことは、やらなければならない。

 私は24日は新年句会。これは水彩画の会とダブるけれど、新年句会を優先させるしかない。
 26日夜はマンション役員の会議がある。 
 27日は大腸のポリープ摘出のため1日入院。元来日帰りの手術だが、血液サラサラの薬を飲んでいるため、用心して1日の入院になる。精傷者作業所「みちくさ」のボランティアの日だけれども、それは出来ません。
 23日は午前、ボラグループ定例会。午後「ひだまり」。
 23,24,25,26、27日、忙しいなあ。怒涛の1週間。
 ジジイとしては健康に注意しましょう。

気になる俳句

どの家もみな仕合せや干蒲団 鈴木花衰

ぼんくら俳句

   冬の陽をあびた蒲団に頬を寄せ

 

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

ギルガメッシュ叙事詩

今日の絵

Img340
 この男性、コスチュームをみせるのが目的で、大宮第2公園にやってきたようです。大宮第2公園の中央に草野球なら数チームが出来るような、広い湧水地があります。その底を自転車に乗ることは無く、ゆっくりと押して1周しました。多分、わざわざ来たのです。遊水地の底は彼のステージです。私も含めた観客は、土手の上から彼を見下ろしました。手袋も赤にすれば良かったじゃないですかね。

子どもの居る風景

13
    おなじみの石神井公園です

ギルガメッシュ叙事詩

 ギルガメッシュ叙事詩は、は世界最古の叙事詩と言われています。人類史上初めて文明を持ったともいえるシュメール人の叙事詩です。読んでみたいなという気持ちはあったのですが、なんとなく今まで、読むことはありませんでした。
 先日図書館に「初めての男ギルガメシュ物語」坂下広吉著(新潮社)があったので、借りてきました。著者は画家でギルガメシュ叙事詩に沿って、シリーズで絵を描いています。そして叙事詩そのものも書かれています。しかし、その叙事詩の訳者は誰なのか、全然分かりません。著者自身が英訳から訳すというようなことならあるかもしれない。世界最古の文字シュメール語から直接訳したなんてことは、考えにくい。
 いずれにしても、私には新しい発見がありました。古代のレバノンには立派な杉の森があったということは知っていました。しかしその杉の森が、人を近づけないほどの森林だったとまでは知りませんでした。
 英雄ギルガメシュが、人間のために命をかけて戦うほどの森だったとはね。
 ホメロスの「オディセイ」と比肩しうるほどの叙事詩であること、聖書の「ノアの洪水」の原型があることなどは、なんとなく知っていました。

ひまじんくらぶ「ひだまり」でマージャン。

気になる俳句

相撲取りの金剛力や鏡割 村上鬼城

ぼんくら俳句

   鏡割り人生すべて片道切符

 鏡割り(鏡開き)は11日だけれど、こんな俳句、出来ちゃったんだからしょうがない。

 

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

買い物ぬ出ただけ

今日の絵

Img339

子どものいる風景

12

雨ですね

 買い物以外は、家から出ませんでした。

気になる俳句

冬眠のはじまる土の匂ひかな 小島 健

ぼんくら俳句

   地にシャベル只今ユンボ冬眠中

 

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

大宮公園

今日の絵

Img338
     昨日の続きですな

子どものいる風景

11
   新宿御苑 外人さんの子どもたちです

スケッチブック

 川越に「キムラ屋」と言う画材、文房具の店があり、私の画材はほとんど「キムラ屋」で買っている。A4の大きさのスケッチブックは、ほぼ毎日描くので消耗が激しい。値段と紙質の関係で、今のところ「キムラ屋」に決めている。いつもと同じように3冊買う。

大宮公園

 スケッチブックを買うだけで帰ってもよかったのだけれど、もう少し暇つぶしをしたくなって大宮へ。
 大宮駅から、大宮公園、大宮第2公園、大和田公園、芝川、などを歩く。
 今日の歩行数、23.000歩余り。疲れたけれど、疲れを明日に持ち越すほどではない。

Dscn4428
 大宮公園のボート池 ボートは無いけれど

Dscn4418
    大宮第2公園の誘水池

 今の時期、大宮第2公園は、静かでいいねえ。

気になる俳句

鴨の居るあたりもっとも光る湖 稲畑汀子

ぼんくら俳句

   ボート池名のみ残して鴨の池
   しんがりのランナー頑張れ冬日和

 大宮公園のボート池の周りを、何組ものランナーが走っていました。
 鴨の池と書きましたが、ボート池にはカモメも進出しています。近頃は内陸部の池にもカモメが居たりします。上野の不忍池など、カモメが沢山います。カモメもカラスに負けないくらい知恵のある鳥だそうですよ。

 

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

全国的に成人の日

今日の絵

Img337
   井の頭公園 彫刻館の彫像

大人のいる風景

3

子供もいる風景

10

気になる俳句

道に弾む成人の日の紙コップ 秋元不死男

ぼんくら俳句

   獅子舞を道端に寄せバス通る  

Dscn4396

Dscn4397

   振袖が成人の日に乗るボート
   娘が習うボートの漕ぎ方冬日和

Dscn4413

アオサギ

Dscn4415
  羽根を乾かしているのかな 石神井公園

 

 

   

 

 

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

井の頭公園

今日の絵

Img336
     智光山公園を走る人

子どものいる風景

9-2

井の頭公園

Dscn4378

Dscn4379
 スワンボートなど、足踏み式のボートばかり多いから、手漕ぎのボートを見ると応援したくなる。

Dscn4361
        リス園

Dscn4389
        大道芸

想いでベンチ

Dscn4391
     思いでベンチに座る人

 都内の公園、全部なのかどうかは知りませんが、石神井公園や井の頭公園に「思いでベンチ」と言うのがある。その公園に思い出のある人が費用を出して、ベンチを設置しているらしい。そのベンチの背中の所に、短い文章で思い出が書かれいる。とても全部を読むことは出来ませんが、自分の座ったベンチの文章だけは、読むようにしている。
 今日のベンチの文章。「毎年この公園の桜を一緒に見ましたね。幸せな日々をありがとう。いつまでも愛しています。〇〇幸子」・・・。幸せだったんですね。ご主人亡くなったんですね。

中田喜直 小さい秋見つけた

 井の頭公園はとても広くて、一日過ごすこともできます。しかし、私がいるのはせいぜい2-3時間。何回も行っているけれど、これまで気がつかなかったものを発見したりします。
 中田喜直の碑がありました。この公園で「小さい秋見つけた」の曲の構想を得たのだそうです。中田喜直が、私の好きな歌「夏の思い出」を作曲した人だとは知っていました。「小さい秋見つけた」も、好きな歌でしたが、これも中田喜直だったとは知りませんでした。作詞がサトウハチロウだということは知っていたんですけどね。
 サトウハチロウは佐藤愛子の異母兄です。佐藤愛子は近頃大人気ですが、随筆エッセーの語り口は昔から同じで、私は好きでした。

気になる俳句

花八手夕日とどかぬまま暮れて 斎藤朝比古

ぼんくら俳句

   陽だまりの思いでベンチ花八手

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

老人会の新年会

今日の絵

Img334
 堀兼の農家。洗濯した場所で
物干竿に2枚のシャツの袖を通し、その竿を担いで、物干し場まで行くところでしょう。珍しい風景と思い、思わずシャッターを切りました。その写真を見ての絵です。長い物干竿にシャツの袖を通すというのも珍しいし、その物干竿を物干し場に担いでいくというもねえ、あんまり無いんじゃないでしょうか。

子どものいる風景

9
         航空公園

老人会の新年会

 老人会と自治会との関係についてなど、飲みながら話し合う。

気になる俳句

新年会終へて窯場の唄荒し 中島花楠

ぼんくら俳句

   新年会果ててマージャン始まりぬ

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

広報仕分け 水彩画同好会

今日の絵

Img333
    川越 成田山別院の甘酒茶屋

子どものいる風景

8

広報仕分け

 狭山市の広報は毎月10日、1丁目自治会集会所に、戸建ての分が8時半ごろくる。マンションは別で、それぞれのマンションに11時半ごろくる。私は1丁目の広報担当責任者なので、集会所と我がマンションの両方の仕分けに立ち会う。
 集会所に皆さんが集まるのは9時。私は8時半ごろ集会所に行き、広報その他の書類、回覧物などを受け取り、テーブルの上に皆さんが仕分けしやすいように用意しておく。
 午後はマンションの広報担当者と2人で広報の仕分け。各戸のポストに配布。

田中歯科

 集会所の仕分けが終わった後、田中歯科へ。

彩の会

 マンションの広報作業が終わった後、遅れて水彩画同好会「彩の会」へ。「今日の絵」はその「彩の会」で描いたもの。

気になる俳句

福寿草テレビの上で花開く 今川幸代

ぼんくら俳句

   待合室に居眠りする人福寿草

| | コメント (0)

«令和2年 最初の包丁研ぎ