2020年8月15日 (土)

私の8月15日

少し古い絵

Img20200815_18334898

 徳正寺の和尚お盆の読経に来る。毎年の事。

私の8月15日

 75年前の8月3日、母の死。6日、広島忌。9日、長崎忌。15日、敗戦日。その日私たちは母の実家から、父の実家へ引っ越しをしていました。引っ越しといっても、荷物なんか無いんです。父は自転車の荷台に弟をのせそれを押して歩きました。私は父の後をついて、約2里に道のりを歩いて引っ越しでした。暑い日でした。

Img20200815_18415366

 思い出して描いてみました。
 いま思い出したことがあります。絵と違って、父は確か帽子をかぶっていました。前だけにつばのある、戦闘帽という帽子でした。肩から下げているのは防空頭巾というものです。爆弾の破片などが飛んで来た時、頭を守るために被る綿の入った頭巾です。誰でも外へ出るときには必要な物でした。これも国防色だったと思いますが、みんな同じ色ではと思って、絵では黒にしました。
 当時男はみんな国防色の洋服で、女はもんぺ姿でした。父の脚にはゲートルがまかれていました。
 私が手の持っているのは教科書をくるんだ風呂敷です。その教科書も間もなく墨で真っ黒に塗りつぶされるのです。
 道は砂利道で手入れがされていないから、荒れ放題の凸凹でした。のちににそういう道をバスなどが通ると、乗客は凸凹の度に弾んだものです。そういう道を胃腸返しといいました。胃と腸がひっくり返るんですね。最も敗戦時には、父の田舎でも母の田舎でも、車など持っている人は1人もいませんでした。
 父の実家へ着くと、たまたま来ていた人が私の名前を呼び、
「あんたのお母さんは良い時に死んだ。日本が負けるのも知らずに死んだ」
といいました。なんで私の名前を知っているのか不思議な気がしましたが、実は、母は乳の出が悪くて、私はその人の乳をもらって飲んだのだそうです。

  敗戦日白く乾ける道ありき  かえる
  あえぎつつ我ら歩けり敗戦日 かえる
 
 道中で、何人かの大人が頭を垂れて、玉音放送を聞いているのを見たような気がします。しかしこれは、後からつくられた記憶かも知れません。

気になる俳句

蝉時雨もはや戦前かもしれぬ 摂津幸彦

ぼんくら俳句

   黒揚羽しずかに飛んで蝉の声

 

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

切通のミミズ

今日の絵

Img20200813_20165081_20200814202801

少し古い絵

Img20200813_20184385_20200814202901

切通のミミズ

 買い物に行くとき、あるいは定番の入間川方面に散歩に行くとき家の近くの切通を通る。途中に電信柱が6本もある長い切通である。先日この切通にたくさんのミミズが干乾びているのを見つけた。その時は20匹くらいいるかなと思った。
 一昨日、数を数えようと思った。しかし、数え始めてすぐにやめた。とてもじゃないけれど、桁が違っていた。100匹や200匹ではすまないや。数え切れやしない。
 昨日その道を通るとミミズがほとんどいなくなっていた。誰も掃除したわけでは無い。一昨日の雷雨で流されたようだ。いくらか坂になっているから、激しい雨だと水が流れるのだ。

眼鏡

 このまえかった眼鏡のフレームを、潰してしまった。机の上において遠くのものを取ろうとして体を倒したら、胸で圧迫してしまったのだ。川越の眼鏡屋に直して貰いに行く。30分くらいかけて直してくれました。保険をかけているので、無料でした。
 それにしても暑いね。川越へ行って帰ってくるだけで汗だくだ。

気になる俳句

白壁に蜻蛉過ぎる日陰かな 召波

ぼんくら俳句

   来るたびに蜻蛉に遇う径朝の露
   朝露やボール蹴り蹴り走る人

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

今日もいきなり記事が消えました。

普段にない長い記事を書いた時に限って、こういうことが起きるのです。特に今日などは、怪しげなことなど何もやっていません。いきなり消えてびっくりしています。

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

散歩しただけ

今日の絵

Img20200812_18113799

少し古い絵

Img20200812_18131212

散歩

 定番の入間川コース。

気になる俳句

ところどころ家かたまりぬ稲の中 正岡子規

ぼんくら俳句

   朝風やほのかに匂う出穂期

Dscn0007

   逆光に桜黄葉の始まりぬ
   胡坐かく日焼けせる腕白き脚

 出穂期(しゅっすいき)胡坐(あぐら) 

 

| | コメント (1)

2020年8月11日 (火)

今日も記事が消えちゃったんだ。

今日の絵

Img20200811_18520132

少し古い絵

Img20200811_18535620
     鳩ノ巣渓谷

 居いうも記事が消えちゃった。なんでなんだろうな。気持ちが萎えます。

 

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

習慣を変えるのは大変だ

今日の絵

Img20200810_19220363

少し古い絵

Img20200810_19203035

習慣を変えるのは大変

 今朝目覚めたのは5時半。実はこれ、朝の散歩のためには遅すぎるのだ。少しボーとしている。それから新聞を読む。血圧の薬を飲んで、インスタントコーヒーにコラーゲンを入れて飲む。それから寝床でストレッチ。全部終わると6時半を過ぎている。朝の散歩は、少なくとも6時半より前に家を出たい。
 そんなわけで今日は朝の散歩は無し。こう暑くては日中の散歩などある訳がない。いまや散歩が仕事のようなものなのに、今日は仕事なしです。
 年寄りだから朝の目覚めは早いのだが、ときには今日ぐらいになったり、6時過ぎになったりする。
 これまでは起床前に絵を描いていたわけだが、それを朝食後に変えて散歩のしたわけだが、今後は新聞を読むのも朝食後にしないといけないかな。目覚めたときに、いきなりシャキッとすればいいんだろうが、やはり少しはグズグズするもんなあ。

気になる俳句

犬抱けば犬の眼にある夏の雲 高柳重信

ぼんくら俳句

   夏の雲パッチワークの畑と畑
   梅雨明けの谷清流を取り戻す

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

早飯、早糞、早草鞋

今日の絵

Img20200809_18574713

少し古い絵

Img20200809_19000368

朝の散歩

 川越方面に歩いてみました。実は我が家の前の道を左側にまっすぐ歩けば、川越駅につきます。本当はこういうところで東へ歩けばとか、北へ歩けば書くべきなんですが、私は東西南北の感覚がとんと分からない人間です。何か欠陥があるのかもしれませんが、「ここから東へ曲がって」なんて言葉を分かる人を見ると、俺は伝書鳩では無いんだ、などと思ってしまいます。
 我が家から川越へ歩いて向かうと、都有にホンダの狭山工場があり、アマゾンなどを挟んでゼネコンの大林組があります。ホンダの工場は、本社と生産主体があったのですが、今は狭くなったということで、生産ラインの中心は寄居町に引っ越してしまいました。それでもホンダの1辺を歩ききるには、かなりの歩数が必要です。いつか、何歩必要か測ってみようと思います。大林組も、ホンダほどではないにしても、1辺を通りすぎるにはかなりの歩数が必要です。これも、そのうち測ってみましょう。
 川越駅まで行って電車で帰ってくるという方法もあったのですが、今日は大林組の前を歩ききったところで引き返しました。1時間20分。約9000歩。やや速歩。

Dscn6871

早飯、早糞、早草鞋

 金子兜太の本を読んでいたら「早飯、早糞、早草鞋」という言葉が出てきた。「早飯、早糞」は知っていたが「早草鞋」は知らなかったです。
 戦争中の軍隊では「早飯、早糞」が必要だったといいます。職人の世界でも同じで、長い時間をかけて食事をしているような人は、あの様子では仕事だって遅いだろうと思われてしまいます。私の琴造りの親方は何時も片膝を立てて食事をしていました。何でそうするのか理由を聞くと「こうして食えば、呼ばれたときに弁当を下に置いただけで、すぐに立てる」といいました。胡坐をかいて食っていても、立てるまでの差なんて、ごく僅かなんですけれどね、その差まで気にするのが職人の世界だったんですね。
 「早草鞋」というのは仕事に入れるまでの時間の速さを言うのですね。昔の外での仕事は草鞋履きでした。私がまだ随筆などを書いていた時代「草履(ぞうり)と草鞋(わらじ)は違うものであって、藁で作っているからといって草鞋ではない。今は
言葉の専門家であrアナウンサーでもその違いが分からない人がいる」という趣旨のことを書いたら、九州の読者から「こちらでは昔から藁草履の事を草鞋と言っていた」という投書をいただいた。
 気になったので何人かの人に聞いてみた。東北に育った人は、私などより若くても、その違いが分かる人が多かった。わが狭山市で生まれ育った人では、私の年代(83歳)でも、その違いを理解する人は5分5分くらいだった。ごく少人数に聞いただけですから、一般化は出来ませんけれどね。
 草履というのはあらためて説明しなくても分かる形と思います。草鞋というのは、ちょっと説明が難しい。草鞋の先から出ている長い紐(細い縄)をかかとや足の甲の両脇の輪(縄で出来ている)に通して足首で結ぶものである。登山靴を紐で固定するようなものだと思えばいい。
 草鞋の紐を解くというでしょ。水戸黄門の一行は、草鞋で旅をしたのであって、草履をはいていたわけではありません。
 食事を早く済ませるのがいいということを、もう少し言いますとね、昔は「食ってすぐ横になると牛になる」と言われたものです。つまり、食い終わったらすぐに働けということです。

気になる俳句

城跡といへど炎暑の石ひとつ 大木あまり

ぼんくら俳句

   マスクして炎暑の道を急ぎけり

 私は3食とも原則として自分で作ります。でも今日の昼は作る気がしなくてスーパーで寿司を買いました。炎暑の中、寿司が悪くならないようにと急いだのです。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

朝の散歩、昼の散歩、蝉を釣る

今日の絵

Img20200808_18213495

少し古い絵

Img20200808_18203269

朝の散歩

 猛暑になるというので、朝食前に散歩をした。堀金神社まで行ってみた。堀兼方面はあまり得意ではない。大きな通りはともかく、わき道になるとさっぱり様子が分からなくなる。それでもある程度はでたらめに歩いてみる。1時間40分、11000歩あまりで家に帰ってきました。

Dscn6857
     堀兼のお茶畑

 朝の散歩は、なぜか無意識のうちに早足になってしまう。今日もそうだった。これでは疲れると反省して、途中から並足にした。おかげでたいして疲れない。朝食を取り、絵を描いて、さてそのあとは…。

昼の散歩

 退屈になっちゃって、もう1回出かけることにした。天気は予報ほど暑くなりそうもない。これなら大丈夫と思って、今度は航空公園だ。歩く方はもう十分歩いているのだから、駅からすぐに公園に行けると思って選んだ。気がつくと、何のことはない公園でカップ酒を飲みたかっただけだ。どうも、それが本心だな。
 私は座った木のベンチの一隅にセミの抜け殻があった。誰かが拾って置いて行ったという様子ではなく、今朝ここで脱皮して飛んで行ったと思われる。ベンチの板をしっかりと掴んでいるのである。蝉は大地から出て近くの木に登り、そこで脱皮するのだが、間違えてベンチに登ったらしい。
 
「あそこに今朝脱皮したと思われるセミの抜け殻があるから、子供に教えてあげるといい」と近くで遊んでいた、子供を連れた夫婦の奥さんの方にいって、私はベンチを離れた。

セミを釣る

 蝉が大地を出るときは直径1センチくらいのきれいな丸い穴を作る。日がたつにつれ穴の形が崩れる。蝉は日暮れになって穴を出るわけだが、夕方、木の根元にこれから出る蝉の穴を見つけることがある。まだ丸い穴になっていない小さな穴があって、今にも丸く崩れそうになっている。その穴に細い枝を入れてやると、蝉は枝を摑まえる。そこで枝を引き上げると蝉が釣れるのだ。それを持ち帰れば家でも脱皮させることが出来る。しかし蝉の方に触ってしまうと、脱皮するときに翅が伸びなかったりする。子供のころの経験です。

気になる俳句

空蝉のいづれも力抜かずゐる 阿部みどり女

ぼんくら俳句

   空蝉の掴んで離さぬ木のベンチ
   捨畑の猛き夏草蝶と蝶
   片蔭を求めて工事の人休む
   赤とんぼ草刈り終えし土手の上
   夏落葉かぜに吹かれて蝶かとも

 

 

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

立秋だってさ

今日の絵

Img20200807_18131809

少し古い絵

Img20200807_18111977

立秋だってさ

 梅雨が終わったばっかりだけどね。暦の上では今日から秋。これから暑くなるんだよ。1年で1番暑いのは秋、てなことになる。俳句の世界では今日から残暑ってことになるんだよなあ。変だね。俳人がみんな、今日以後の暑さを残暑と書くわけでもないだろうけれど。

気になる俳句

昼顔の咲きのぼる木や野は広し 中村草田男

ぼんくら俳句

   昼顔の萎れていたる炎暑かな

 

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

桶の話

今日の絵

Img20200806_20213646

少し古い絵

Img20200806_20234421

桶の話

 大きな味噌桶を造る最後の職人という人がテレビに出ていた。いま日本に残るただ一人の職人だそうです。後継者はいないという。何十年も修行しなくてはならない、そんなことをしうる人は今時はいない、というのが職人の言い分です。でもね、私はいると思っています。今の若い人を、馬鹿にしたものではありません。しかし残念なことに、そういう職人と、そういう若者との出会いが無いんです。
 その桶で作る味噌は、木の微生物などの作用で絶妙な味になるのだそうです。その桶が無くなったら日本食の基本が成り立たなくなると和食の達人が言っていました。桶はだいたい150年ほど持つそうですから、150年後に和食の基本がくずれるということです。
 最後の職人は、押し鉋というものを使って木を削ります。鉋というのは削る木を下に置いて、その上に鉋を走らせて削っていくのです。しかし大きな桶などを作る場合、大きな鉋を下に置き、その上に材木を滑らせて使います。押鉋といいます。最後の一人という職人はその押鉋を使うわけです。
 実は押鉋の原理を生かした、木工機械があるのです。私はあるとき、木を接ぐという行為を随筆に書いたことがあるのですが、接ぐというのは木と木を接着させることです。この接ぐという行為をベテランの職人と、新人の工員とが競争する話を書いたことがあります。もちろんベテランの職人が勝ったのですけれど、職人の方は鉋の調子を整えていたわけです。新人は手押鉋を機械化したものを使っていました。新人の工員は何も特別なことはしていない訳ですから、本当はどっちが勝ったのか分かりません。私は職人でしたから、職人を貶めるようなことは書きたくありません。でもね、事実は事実です。その桶を造る作業も、電動の手押鉋を使って出来るのではないかと、私は思います。

 何でこんなに桶にこだわるのかといえば、実は私の先祖は酒桶を造る家でした。酒の仕込み桶で、梯子をかけて上るような大きな桶を造っていたのです。祖父の代にそれを親戚に譲って、リンゴ園やら製材所やらを始めました。親戚の家も間もなくやめたようですから、斜陽だったのかもしれません。戦争中疎開して行った時にはその桶が一つ、蔵にありました。でも、6年f後私が東京へ帰るときにはなくなっていました。どこかで処分したのでしょうね。私の記憶にはありません。

 桶って言うのはね、何処の家にもあったんですよ。今のバケツと同じです。桶というのはね、何時も水とか味噌とかをを入れておかなければ使えなくなるんです。

外山滋比古が亡くなった。

 96歳.うーん、天寿だな。外山滋比古の本は気がつく限り読んでいた。

 呆けたなあ。ここまで書いて、寝てしまったみたい。つまり、いま目が覚めたということ。一応保存はしてあったようです。今日はこれでお終いです。

 

| | コメント (0)

«朝の散歩2日目